祈願成就! 神社お参りの手順
※ 宗教とは一切関係ありません
トップページに戻る

どうしても願いを叶えたい人は、神社にお参りするのがよいです。
無心の心で、魂を尽くして、願いをかけてください。
「私の願いを叶えてくださる」と、信ずるその「信念、思いの力」が
祈願成就に力を与えてくれます。
-準 備-
1.晴れた日に行く。

2.基本的時間帯・・・「陽」の時間帯がお勧めです。
◎ 6時30分〜11時30分
〇 11時30分〜15時30分  ※他の時間帯はエネルギーが減少します。

3.体を清めてから行くのがいいです。
入浴、沐浴 など

4.産土(うぶすな)神社。
自分の神社を知る。自分が生まれた土地
の守り神(氏神様:うじがみさま)です。
人は縁があってその土地に生まれます。宗教以前の世界です。
(地元から離れて暮らしている人は、帰省の際にお参りするようにしてください)
また、今住んでいる所にある氏神様=「産土(うぶすな)の神様」も大切にしましょう。
 
5.「運」(ツキ)のある神社に行く。
(例)鳥居、神木(しんぼく)がある神社へ行く。

6.浄化の心で参拝してください
効果が違います。パワーアップになります。

★ 神社によってエネルギーの差がありますが、「前向きな心」で出かけてください。
月に何回行っても構いません
その人に合った日時というのがあります
-参 拝-
1.正門の鳥居をくぐってください。鳥居の内は「結界(けっかい)=神域」である。
鳥居をくぐるときは、一礼をして挨拶をしてください。

2.手水で両手と口をゆすぐ(浄化)

3.参拝する場所は、正面に立たずに、左右のどちらか横に一歩、移動してください。
エネルギーが高すぎるので、直接向き合わない方がよいとされます。
(また、「作法」とし、正面に立つのは不敬とされます)

4.お賽銭を賽銭箱に入れる
66円(1円,5円,10円,50円)を一個ずつ入れてください。

5.鈴や鐘を鳴らして、合図を送ります。

6.二拝二拍一拝(二礼二拍手一礼)をする。
@ 神前に進み、背中が平らになるまで、二度深々と頭を下げます。
A 胸の高さで、拍手を二度打ちます。
この時に、願い事やお礼を唱えます。
B もう一度、深々と頭を下げます。

二拝二拍手一拝の前後に、さらに軽い会釈を加えれば、一層丁寧になります。
-参拝後-
1.神社の境内で40分ほど、地気(エネルギー)を身体で体感してください。

2.境内に御神木(大樹)があれば、見つけて触れてください。その場に
少なくとも五分間たたずみ、「御神木のエネルギー」を受けてください。
前向きな心になってきます。 鳥居を出る時は一礼をして帰ります。

<注意事項>
1.神殿の前で誓ったことは、親しい人にも、肉親であっても、話さないこと。
「自分は良くなっていく」とイメージし、常に前向きな姿勢でいること。

2.夜に行くのは、神社のお祭りの日や初詣の日であれば構いませんが、
お寺と同様に、 憑依霊、マイナスエネルギーを持つ霊が集まってくるので、
精神的に弱っていたり、病弱になっている方は、災難を受けることもあります。
ご注意ください。
−参拝の際の心得−
神殿に向かったら、次のような思いを伝えてください
 
・まずは、「感謝の心」から。今日、参拝できたことに感謝を伝えてください。
・そして、今、あなたが元気にいることに、これまでの感謝を伝えてください。
・自分の願い事は、できるだけ具体的に願ってください。
・願いをかなえるために、自分も最大限の努力をすると誓うこと。
・自分だけの幸せではなく、周りの人の幸せ、「我良く、人も良く」という願いにすること!

誰かを訪ね、何かをお願いするとき、いきなり用件を伝える人はいません。
神社参拝も同じです。まずは、挨拶をして、これまでの感謝の思いを伝えます。
また、お願いするだけではなく、自分も努力する。
さらには、自分の幸せだけではなく、回りの人の幸せも願う、
このような心掛けが大切です。

ひとり一人の胸の内には「神」(魂)が宿っていると言われます。
神道では「分け御霊(みたま)」、仏教では「内なる仏」と言います。
ご自身の「内なる神」にも手を合わせ、願いをかけるようにしてください。
これも大事なことです。

「おみくじ」を引く人は、「今の私に必要なメッセージを与えてください」と願ってください。

★ 神社に参拝する際、「自分に合った日」というのがございます。
これは「生年月日」によって異なるので、一人ひとり調べた上で作成します。
自分に合った日時を知りたい方は、お問合せください。参拝日は「月ごと」によって異なります。
作成料は3千円になります。